×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


雲の向こうに

 

 

大きな空を見上げてて

流れる雲を追っていて

私を置いていくようで

私は歩みを速くする

 

風が後ろから吹いてきて

木々が揺らめきざわめいて

私のことを急かすようで

私は歩みを速くする

 

日は沈み 辺りは黒に染まり

何もかもわからなくなって

私は行く手を阻まれて

私は歩むのをやめた

 

いつか世は明け日が昇る

雲はまたせわしく流れる

私はそれを追い続ける

雲の向こうに「何か」があるから

 

たとえ闇でも光でも

雲の向こうに「何か」があるから

私はそれを追い続ける

それが生きるということだから

 

 

この詩について

戻る