×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


冬の空の白い絵の具

 

窓を開けると白い世界

一人で涙を流した夜

そんな私に同情するかのごとく

雪は一面 世界を覆う

 

もしも時が操れるのなら

あの時間に戻りたい

あなたと笑いあった時間

暖かかった私の世界

戻ることができたらどんなに嬉しいだろう

 

二人の心は通じ合ってたけど

あなたのあの日の言葉だけは

未だに私の心は受け入れない

未だに私の心はわかってくれない

わかっている つもりなのに

 

白い絵の具は空からひらり

白い世界をより白く

もっと白く染まってしまえ

私の想い 私の鼓動

全て真っ白く染まってしまえ

全て冷たく凍て付いてしまえ

そうしたらどんなに楽だろう

 

雪舞う冷たい空の下

私は今日もひとりきり

溢れる想いと涙を胸に

私は今日もひとりきり

 

この詩について

戻る